生産性向上

心身の健康パート2:職場でできる5つの簡単マインドフルネスエクササイズ

Reading Time: 1 minute

非常に多くの人々が「マインドフルネス」に興味を持ち始めているのには理由があります。この古代の仏教の習慣は目に映る以上のものであり、多くの企業がその潜在的な健康上の利益を理解するようになっています。最近の研究では毎日の生活の中にマインドフルネスのエクササイズを組み込むことで、ストレスホルモンであるコルチゾンの生成量や不安や疲労感を削減できることが明らかになっています。したがって、これらのテクニックのほんのいくつかを一日を通して試してみると、より効果的な仕事と生活のバランスを取るのに役立ちます。

これらのエクササイズには特別なツールは必要ないので、通勤途中やオフィスでも試すことができます。あなたの日常生活に簡単に組み込むことができる5つのマインドフルネスアクティビティを紹介します。

 

一分の瞑想

目を閉じてゆっくりと呼吸をします。胸の上がり下がりに集中して、他の事は何も考えないようにしましょう。もし他のことが頭に浮かんできてしまった場合は、それらをまず認知、棄却し、それからまた呼吸へ集中するようにしましょう。

マインドフルリスニング

I会話中には心が簡単に別の方向へ行ってしまいがちになります。同僚がまだ話しているうちに返事を考え始めるのではなく、心を空にして、同僚がいっていることに耳を傾けましょう。あなたのやらなくてはならないこと、夕方の計画や過去の会話について考えないようにし–シンプルにその瞬間に静かな心でいるようにしてみてください。そうすることで、より多くの情報を手に入れることができるだけでなく、職場での関係が良いものになります。

観察ゲーム

近くにあるものを選び(鉛筆、コンピュータマウス、さらにはネクタイなど)、一分間全力でそれに集中しましょう。それを初めて見るつもりで行ってください。その物の形状、質感、構造に細心の注意を払いましょう。こうすることで、あなたの心はクリアになり、あなたを取り巻くものとあなたを再びつなげぐ助けとなります。

その瞬間にとどまる

いつもあなたが使うもの–たとえばオフィスキッチンのやかんなど–を一つ選びマインドフルネスの瞬間の焦点として活用しましょう。あなたの肌に対してそれがどのように感じられるか、どのように機能するのか、それを何のために使用しているのかを考えてください。例えば、やかんがわずか数分でお湯を沸かせることがどんなに素晴らしいか、綺麗な水と電気が使えることがどれほど幸運なことか、考えてみてください。

自然の中での休息

これには立ち上がりオフィスを離れなくてはなりません–しかしそうすることで、さらにそれをよく感じることができます。コーヒーやお昼休みには、近くの公園や緑地を散歩してみてください。可能であれば、お使いの携帯電話やその他の電子機器をオフィスに置いて、この時間を利用して周囲の自然の世界に集中して耳を傾けてください。これは、体を動かしつつ新鮮な空気も吸えることから、あなたの心と身体の両方にとって健康的なエクササイズです。